世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

入試情報

国際関係学部の入試に関するご案内

学部入試

募集人員

学科入学定員一般入試特別入試
前期日程推薦帰国子女私費外国人
留学生
センター試験
を免除する
センター試験
を課す
国際関係学科604794若干名若干名
国際言語文化学科12094188若干名若干名
1801412712若干名若干名

※平成29年度入試から、大学入試センター試験を免除する推薦入試及び大学入試センター試験を課す推薦入試において、推薦できる人数は「1高等学校等につき国際関係学科1人、国際言語文化学科1人の計2人」となりました。

詳細は静岡県立大学入試ページ

試験内容

国際関係学科
区分大学入試センター試験の
利用教科・科目数
個別学力検査等大学入試センター試験・個別学力検査等の配点等
教科科目名等教科等科目名等試験
区分
国語地歴公民数学理科

面接配点合計
一般入試前期国・地歴・公民・数・外[3教科3科目] 国から1、世A、世B、日A、日B、地理A、地理B、現社、倫、政経、「倫・政経」、数1・数Aから1、英、独、仏、中、韓から1コミュニケーション英語
I、II、III

英語表現
I、II
センター試験200*200*200*200 200 600
個別学力検査     200 200
200*200*200*200 400 800
センター試験を課す推薦国・地歴・公民・数・外[3教科3科目] 国から1、世A、世B、日A、日B、地理A、地理B、現社、倫、政経、「倫・政経」、数1・数Aから1、英、独、仏、中、韓から1その他面接センター試験200*200*200*200 200 600
個別学力検査      300300
200*200*200*200 200300900

*は選択科目

国際言語文化学科
区分大学入試センター試験の
利用教科・科目数
個別学力検査等大学入試センター試験・個別学力検査等の配点等
教科科目名等教科等科目名等試験
区分
国語地歴公民数学理科

面接配点
合計
一般入試前期国・地歴・公民・数・外[3教科3科目] 国から1、世A、世B、日A、日B、地理A、地理B、現社、倫、政経、「倫・政経」、数1・数Aから1、英、独、仏、中、韓から1コミュニケーション英語
I、II、III

英語表現
I、II
センター試験200*200*200*200 200 600
個別学力検査     200 200
200*200*200*200 400 800
センター試験を課す推薦国・地歴・公民・数・外[3教科3科目] 国から1、世A、世B、日A、日B、地理A、地理B、現社、倫、政経、「倫・政経」、数1・数Aから1、英、独、仏、中、韓から1その他面接センター試験200*200*200*200 200 600
個別学力検査      300300
200*200*200*200 200300900

*は選択科目

大学院入試

募集人員

専攻分野一次募集二次募集
一般選抜推薦特別選抜一般選抜
国際関係学専攻国際政治経済5名若干名
国際行動
比較文化専攻英米文化研究5名
日本文化研究
アジア文化研究
ヨーロッパ文化研究

詳細は静岡県立大学入試ページ

国際関係学研究科 一次募集
留学生に対する外国語科目の選択の幅がひろがります。

平成29年度入試から留学生は一次募集の外国語科目として新たに「日本語」も選択できます(国際政治経済分野、国際行動分野、アジア文化研究分野、ヨーロッパ研究分野)。

  • 留学生以外の志願者の外国語科目はすべて従来と同じです。
  • 留学生も希望する場合には、従来通り外国語科目として「英語」(ヨーロッパ文化研究分野の場合は「英語」「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」のうちいずれか1言語)を選択することができます。日本文化研究分野の場合は従来通り「日本語」です。
  • 英米文化研究分野を志望する場合には、留学生も含めて従来と同様外国語科目は「英語」のみです。
分野 外国語科目
国際政治経済分野 「英語」または「日本語(留学生のみ選択可能)」
国際行動分野 「英語」または「日本語(留学生のみ選択可能)」
日本文化研究分野 「英語」但し、留学生は「日本語」
アジア文化研究分野 「英語」または「日本語(留学生のみ選択可能)」
英米文化研究分野 「英語」
ヨーロッパ文化研究分野 「英語」「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」のうちいずれか1言語
または「日本語(留学生のみ選択可能)」

詳細については学生募集要項をご確認下さい。

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る