世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

学科紹介

国際言語文化学科

言語と文化両面からの英、米、欧、アジア、日本の地域研究

国際言語文化学科はグローバルな次元から主要地域の言語・文化・思想・歴史などについて教育・研究し、国際相互理解を促進しようという学科です。

その目的のため、コミュニケーションの手段としての言語と、それと表裏一体の関係にある文化とを合わせて教育・研究しています。

文化を国際的視野からとらえ直し、異なった文化を持つ人たちと「共生」していく能力を養います。

当学科では国際言語文化を具体的に理解するために4つの地域研究コースを設置しています。
英米文化コース」、「日本文化コース」、「アジア文化コース」および「ヨーロッパ文化コース」の4コースから選べます。

卒業後の主な活躍フィールド

サービス業
宿泊・外食産業、旅行・エアライン、放送・広告業等、幅広い分野
金融・保険業
銀行業、信託業、証券業のほか、生命保険業、損害保険業、共済事業等
公務員
官公庁、地方自治体、病院等の職員や、公立学校の教員等
留学
海外の大学、専門学校、語学学校等への進学

授業ピックアップ!先輩が紹介

英米文化論 栗田和典先生

「英米文化論」は、いじめや浮気、結婚式、スポーツなど様々なテーマに関する史料(版画、新聞、地図)を細かく読み解きながら、性差や共同体のあり方などについて主にイギリスの歴史を通して考えていく授業です。

今まで学んできた世界史では到底知ることのできないイギリスの一般民衆の様子や制度、社会を見ていくことで、今まで抱いていたイメージを覆す発見がたくさんありました。

鈴木未奈美さん
国際言語文化学科
英米文化コース
鈴木未奈美

授業ピックアップ!先輩が紹介

原典購読 ジョナサン・ディハーン先生

この授業では、ゲームと教育を結びつけたディハーン先生の研究に基づいてゲームイベントを企画・運営します。
昨年度は、大きなサイズの福笑いやジャングルスピード、スマッシュブラザーズなどのゲームを実施するBig Gameを開催し、来場した方に楽しんでいただきました。これはGame Worldというチャリティイベントの一環で、来場者の募金で購入したゲームを静岡県立子ども病院に寄付しました。
授業を通して、計画して物事に取り組む力と、協力して試行錯誤しながら出てきた課題を解決する力が身につきました。

松山拓人さん
国際言語文化学科
英米文化コース
松山拓人

授業ピックアップ!先輩が紹介

「英作文」 マイケル・ピーターズ先生

国際関係学部には、一年次に「オーラルコミュニケーション」、二年次に「英語コミュニケーション」という授業があり、様々なアプローチから英語で意見を交換することができます。
ネイティブスピーカーの先生たちに、母国の文化や日本の文化を英語で紹介する方法について教えていただいたことも大きな糧になりました。私が特に好きだったのは、アメリカ人のピーターズ先生の英作文の授業です。グループに分かれて自由なテーマで文章を書き、先生が間違っているところを修正してくれたので、自分の誤りを理解することができました。
最後に自分たちの文章を発表するとき、他のグループの発表を聞いて想像力がすごいと思いました。楽しみながら学べる授業でした。

ジョ ハイビンさん
国際言語文化学科
英米文化コース
ジョ ハイビン

授業ピックアップ!先輩が紹介

「現代韓国朝鮮論」 奥薗先生

奥薗秀樹先生の現代韓国朝鮮論は、ローカル、リージョナル、グローバルなどの視点から複雑な事情を持つ朝鮮半島について分析していく授業です。
出来事の名前をひたすら覚えるのではなく、その出来事の裏にある様々な事情、他国の思惑、譲れぬ思いなども知っていくことで、国と国との駆け引きも結局は人と人との駆け引きなのだということが見えてきます。
専門外の外交について学ぶことで、私の視野が大きく広がったように思います。

佐藤琴恵さん
国際言語文化学科
日本文化コース
佐藤琴恵
  • 前へ
  • 次へ

国際言語文化学科 コース一覧

  • 英米文化コース
  • 日本文化コース
  • アジア文化コース
  • ヨーロッパ文化コース
  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究
  • 入試情報 国際関係学部と大学院の入試情報はこちら
  • 資料請求 入学資料・大学案内の資料請求はこちら

ページの先頭へ戻る