世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

大学院紹介

国際関係と文化の多角的な研究。確かな基礎力の構築と独自性の展開

人は個として、また、集団の一員として、様々な行動・活動を行っています。

<国際化>と<グローバル化>の流れの中で、その仕組みは多様性と複雑さの度合いをますます高めています。このような状況の下で、人による行動・活動にかかわる学問領域は、文化学、言語学、歴史学、人類学、社会学、政治学、経済学、法律学など、多岐にわたっています。これらの学問領域が本研究科の主たる教育基盤となっています。

どのような研究に携わるにしても、自らの問題意識を大切にし、そこから得られた課題の考察を通して、研究のための確実な方法論を身につけていくとともに、自ら資料を収集・分析し、独自の主張を展開させていくことが大切です。つまり、しっかりとした基礎力と独自性が必要になります。さらに、学問領域間の関連性にも注目しなければなりません。どのような学問領域についても、その背後に別の学問領域との有意味な関連性が隠れていることがあります。

本研究科では、この目的を実行するために、国際関係学専攻と比較文化専攻という二つの専攻分野が設けられています。さらに、研究拠点として三つの研究センター(現代韓国朝鮮研究センター、広域ヨーロッパ研究センター、グローバル・スタディーズ研究センター)が付設され、多様化する院生の研究テーマに対応できるような体制を整えています。

本研究科が、確実な基礎力に裏打ちされた独自性を実現させるための有意義な場になることを願っています。

大学院国際関係学研究科長 前山亮吉
  • 研究科の紹介
  • 大学院の特色
  • 研究科の3つのポリシー
  • 研究分野紹介

ページの先頭へ戻る