世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

大学院紹介

研究分野紹介

より深い研究の道へ、二つの専攻分野

国際関係学専攻

国際政治経済

図書館で欧文雑誌を閲覧する学生

国際政治学・国際経済学を中心に関連する日本政治外交・国際法・国際開発・国際金融・国際経営の諸科目を配置し、幅広い研究ニーズに対応します。
さらに東アジアを中心とした特色ある地域研究科目は研究のフィールド拡大に貢献しています。

国際行動

玉置先生の授業風景

国際行動分野は、社会学、人類学、社会心理学、コミュニケーション研究等の立場から、グローバルな課題に取り組んでいる学際的な研究分野です。社会調査、文献研究などの手法を用いて、国境を越えた市民の行動を実証的に解明することを通じて、不平等と社会問題、人権と多文化共生、開発と環境などの地球社会の重要課題を研究しています。

研究科 学生の声!先輩が紹介

先生との距離が近く、より深く研究ができるので、日々充実した授業を受けられます

私は欧州の国際政治、特に黒海地域をめぐる国際政治と欧州国際秩序について研究しています。指導教員は黒海地域研究の第一人者である六鹿茂夫先生です。

研究科での授業は学部時代と大きく異なります。私はすべての授業が先生との一対一なので、常に緊張感を持って授業に臨んでいます。先生方は私の研究テーマに合わせて柔軟に対応してくださるので、自分が関心のある問題や出来事について深く勉強することができます。

本研究科は留学生も多く在籍しており、多様な意見や価値観に触れることもできます。

課題に追われる日々ですが、六鹿先生がいつもおっしゃっている「Enjoy」という言葉を意識して何事も楽しみながら研究を続けていきたいです。

吉田直人さん
国際関係学専攻
修士2年
吉田直人

比較文化専攻

日本文化

水野先生と学生

日本の言語・文学・思想という比較文化の基礎となる領域を扱います。具体的には、日本語教育、古典語から現代語の分析、また『古事記』、『源氏物語』、世阿弥、近松門左衛門、武士道、近代の小説・詩歌などの研究を行います。国語教員専修と日本語教師養成プログラムが設けられています。

アジア文化

修士論文の口頭試問

中国、朝鮮半島、東南アジアにロシアなど、ダイナミックに変動する広大で多様なアジアの国々や地域を対象に、国際関係、政治、経済、社会、文化、歴史、芸術、文学等、様々な視点から総合的にアプローチし、その本質的実態の解明を目指します。そして、アジアに対する理解を通して、国際社会で日本が果たすべき役割について考察します。

英米文化

現地での様子

英米の新しい言語理論、歴史、文学、社会、さらにレトリック・コミュニケーション学など幅広い領域を、現代と歴史的な視点に立って比較研究を進めます。オハイオ州立大学での英語教育インターンシップを含む、英語教員専修プログラムが設けられています。

ヨーロッパ文化

リール政治学院での剣持先生の授業

ドイツ、フランス、スペインをはじめとするヨーロッパの各地域に密着し、文学、文化、歴史、思想、社会などを比較研究という大きな枠組みで取り上げます。さらに、人間科学を含め広い視野から文化を再考し、ヨーロッパ社会における持続と変化を追究します。

研究科 学生の声!先輩が紹介

先生方の熱心なご指導のおかげで専門的知識を得ることができ、やりがいを感じています

大学院での勉強はより一層深いものであり、計画的な学習が大切になります。大変なことも多く自分の力のなさを痛感させられることもありますが、専門的知識を得ることができ、やりがいを感じています。先生方の熱心なご指導もとてもありがたいです。

私は現在、古典芸能であり、文学作品としても価値がある能楽の研究をしています。異国にも素晴らしい文化がたくさんありますが、まずは日本の文化の良さを再認識し、より深く学んでいくことが大切であると考えているからです。そしてそれが異国の文化のさらなる理解にも繋がっていくであろうと思っています。

研究テーマは違いますが、志を一つにする仲間と日々切磋琢磨し合い、これからも頑張っていくつもりです。

折笠由樹さん
比較文化専攻
日本文化研究分野
修士2年
折笠由樹

研究科 学生の声!先輩が紹介

先進的な研究ができるのは、本研究科の魅力の1つです

私は本学の国際関係学部国際言語文化学科を卒業し、大学院国際関係学研究科に進学しました。
国際関係学専攻は国際政治経済と国際行動の二つの分野に分かれています。私は国際政治経済分野に所属し、朝鮮半島をめぐる国際政治を研究しています。本研究科では現代韓国朝鮮研究センターが研究の機軸として機能しているので、ここは地域研究の拠点といえます。最も良い研究環境に恵まれ、伊豆見元先生を要とする専門家の教授陣に支えられていると日々実感しています。
進学当初は学部と全く異なる学習環境に驚いたところもありました。大学院では自ら研究を探ることが重要であるとすぐに悟り、学校の図書館、研究室などで授業の課題に備えた学習に勤しみました。寝不足で体調を崩したことも何度かありましたが、大学院生の身分に誇りを持って前向きに頑張っています。大学院側も大学院生に様々な支援を惜しまず、気を配って下さるので、常に感謝の気持ちを抱いています。また、大学院生は多人数ではないため、お互いを理解しようと努め、学校以外の時間に映画を見に行ったり食事に行ったりしています。授業は学部の時と違って少人数の演習なので、先生方も受講生一人ひとりに気を配ってとても暖かい雰囲気です。これから修士論文の作成に加えて就職活動もありますが、将来を見据えて研究をしっかり進め、充実した大学院生活を送りたいと思います。

李華さん
国際関係学研究科
国際関係学専攻
修士1年
李 華
  • 前へ
  • 次へ

研究の機軸としての三つの附属研究センター

研究科附属の研究センターは、それぞれ、国際会議の開催などを通じ研究者間の相互交流を図り、地域の研究拠点となることを目指しています。

現代韓国朝鮮研究センター

現代韓国朝鮮研究センターは、本学アジア研究蓄積の発展と広い視野からの朝鮮半島研究をモットーに、研究(社会調査の実施、提携機関との共同研究等)、社会貢献(政策提言、シンポジウムの開催等)、教育(特別講義、日韓合同ゼミ等)の3本柱で活動しています。

広域ヨーロッパ研究センター

広域ヨーロッパ研究センターは、中東欧、バルカン、旧ソ連地域を含む広域ヨーロッパを研究対象とし、個々の国・地域の研究、EUの拡大と統合・ガヴァナンスをめぐる研究、歴史的形成過程の研究を柱に、学際的な研究を進めています。
広域ヨーロッパ研究センター

グローバル・スタディーズ研究センター

グローバル・スタディーズ研究センターは、グローバリゼーションという現象が引き起こす様々な問題に対して、学際的なアプローチを通じて研究・教育・調査を行い課題解決に寄与することを目指し、新たな地球市民像を静岡から全世界に向けて発信することを目的としています。
グローバル・スタディーズ研究センター

  • 研究科の紹介
  • 大学院の特色
  • 研究科の3つのポリシー
  • 研究分野紹介

ページの先頭へ戻る