世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

お知らせ 2018年12月13日

講演会「日本伝統武術のグローバル化:和道流空手道の国際的普及への道」

 空手道は、2020年東京オリンピックの正式種目となり、最近メディアでも取り上げられるようになりました。空手道には多くの流派がありますが、その中でも四大流派と呼ばれている一流派の和道流は、国際的な普及活動に力を入れています。
 三代宗家は、2005 年より10 年間、フランス・モンペリエに居住し、欧州での空手道事情を視察しながら、世界各地で和道流空手道の普及活動を行ってきました。こうしたご自身の海外経験にもとづき、本講演会の第一部では、外国人に身体技法を伝える方法、外国人にとっての空手道の魅力、武道とスポーツの違い、日本の伝統芸能との共通点などについてお話しいただき、日本文化の伝播と継承について考えます。本講演会の第二部では、和道流空手道連盟理事長の坂巻明氏とともに、演技と解説を披露いたします。
 
■タイトル
講演会「日本伝統武術のグローバル化:和道流空手道の国際的普及への道」(ポスター:PDF (890KB)
 
■日時
2019年1月23日(水曜日)16時20分~17時50分
 
■会場
静岡県立大学一般教育棟1階2106講義室
*駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください 
 
■講師
大塚博紀氏(和道流空手道連盟 宗家 最高師範)
6歳から夢想神伝流居合道を始め、17歳で三段取得。高校時代はレスリング部に所属、同時に柔道も修行し初段取得。東海大学在籍中に同大学空手部に入部し空手を本格的に始める。現在まで36年間、和道流空手道に従事。大学卒業後、米国に3ヶ月、英国に1ヶ月、コロラド大学のESLに2年間留学し、英語学習に励むとともに、空手道の普及を行う。2005 年、フランス・モンペリエに欧州空手事情視察のために移住。10 年間フランスを拠点に世界各国を巡り、和道流の普及活動を行う。2015年日本に帰国と同時に和道流三代宗家を継承し現在に至る。2016年、フランス国家スポーツ指導資格BEES(Brevet d'État d'éducateur sportif)を取得。
 
■御参加について
どなたでも御参加できます。事前の御連絡などは不要ですので、お気軽に御参加ください。
 
■お問い合わせ先
問い合わせ先:奈倉京子(nagura@u-shizuoka-ken.ac.jp)
 
*主催:静岡県立大学国際関係学研究科
共催:静岡県立大学国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター
企画・担当:奈倉京子・坂巻静佳(静岡県立大学国際関係学部)  

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る