世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

学科紹介

国際言語文化学科

アジア研究プログラム

現代アジア(ロシアを含む)の諸問題に対する専門的な知見を多角度から学ぶ。

中国、朝鮮半島、東南アジア諸国、ロシアなど、現代アジアの動向と関連するテーマを、様々な研究分野から総合的に学びます。地域として一体性を強めながらも多様性に満ち、力強く発展する一方で多くの問題をはらんだ現代アジアについて、地域言語の修得をもとに、学際的、地域的、複眼的にアプローチできる人材の育成を目指します。

このプログラムは以下のような
関心を持つ人に向いています

  • 日本と近隣国間の様々な関係に関心がある。
  • 同じアジアの人々同士の考え方の違いを学びたい。
  • アジア各国の衣・食・住の文化を比較研究したい。
  • アジア各国の政治や外交についてもっと深く学んでみたい。
  • アジア域内での文学、漫画、アニメなど国境を越えた文化交流に関心がある。
  • 将来、どんな職業に就くにしても、日本とアジア各国間の架け橋となって活躍したい。
「食は広州にあり」(中国海外実習ゼミ)
「食は広州にあり」(中国海外実習ゼミ)
カンボジア・アンコール遺跡にて
カンボジア・アンコール遺跡にて
韓国にて日韓学生セミナー開催
韓国にて日韓学生セミナー開催

在学生の声

佐野萌子

アジア文化コース 4年
佐野萌子

アジア地域を学ぶ 

 皆さんはアジアの国々に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?なんとなく悪いイメージだったり、よく分からなかったり・・・、欧米諸国に憧れる人が多い一方、アジアという地域に対するイメージは必ずしもプラスではないと思います。私も例外ではありませんでしたが、大学に入って中国語を履修したり、アジア関連の授業を受けるうちに、アジアの重要性を実感し、もっと知りたいと思うようになり、アジア文化コースを選択しました。

  アジア文化コースでは、 中国、朝鮮半島、東南アジア諸国を中心として、文化的に多様なアジアの文化、社会、政治を勉強することができます。

  私は主に中国の文化について勉強しています。日本人から見た中国人は、時にマナー違反が多く見られ、自己中心的に映ります。しかし授業で日本と異なる中国人の文化や行動原理や、「他者を一歩引いた目で冷静に受け入れ、理解しようとする姿勢」について学ぶことで、中国人がなぜそのような行動を取るのかについて、理性的かつ客観的に分析できるようになりました。そしてこの姿勢は他国の文化に対してのみではなく、自分にとっての「等身大の学び」として、実生活で他者と関わる際にも生かしていくことができるものです。

 2年生の春休みには、協定校の浙江大学で3週間の中国語研修に参加しました。世界各国から来た中国語を学ぶ仲間達と机を並べて勉強できたことは、本当に良い経験でした。素晴らしい先生方と近い距離感で、アットホームな雰囲気の中学ぶことのできることも、このコースの魅力です。まだ自分が持っていない視点からアジア諸国を見つめることで学ぶことはたくさんあります。これからも恵まれた環境に感謝しつつ、色々なことを学んでいきたいです。

ページの先頭へ戻る

卒業生の声

河田透

2006年卒業
(株)時事通信社 写真部 勤務

河田透

 写真記者として事件・事故・災害、政治、スポーツなど、あらゆるニュース写真を国内外で撮影しています。

 高校生の頃、写真家・星野道夫氏が撮影したアラスカの自然や先住民族に関する作品に出会い、世界の多様な文化や歴史に憧れました。県大に入学後、地域言語にフィリピン語を選択してから東南アジアに関心が向き、小幡壮先生のゼミに入りました。

 ゼミでは、東南アジアについて古代の歴史から宗教、農業、庶民の食文化まで広く学びました。ベトナム・カンボジア、フィリピンの海外授業にも参加し、フィールドワークを通じて活字や写真だけでは知ることのできない「におい」を肌で感じました。これはアジアコースに共通する魅力でしょう。

 卒業直前の半年は、交換留学生として国立フィリピン大学に派遣していただきました。立派な留学生ではありませんでしたが、とても貴重で濃密な時間を過ごしました。

 本学附属図書館に蔵書が収められているジャーナリストの故・岡村昭彦氏は、ベトナム戦争報道だけでなく、生命倫理やホスピス、環境問題など多岐に渡る取材を亡くなる直前まで行いました。彼が残した「我々はどんな時代を生きているのか?」という問いは、社会に出てから年々、心の中で重さを増してきています。学業や就職活動も大事ですが、柔軟さと知的好奇心を失わないようにしたいものです。 

卒業生の声

成田 友紀(旧姓 近藤)

机上学習では得ることのできない知識や経験を学べました。

2007年卒業
株式会社 UL JAPAN

成田 友紀(旧姓 近藤)

「アジアと日本を幅広い観点から洞察できるカリキュラム」

アジア文化コースでは専門の国・地域の社会、歴史、文化、政治などを学ぶと同時に、その国・地域と日本との関係性を比較することができます。たとえば、私の場合、韓国の社会や文化について学びました。

英語と地域言語(韓国語) を勉強することはもちろん、日本と韓国の歴史的背景を知識として身につけることは非常に重要で、それらを土台に現在の日韓関係についてゼミなどで議論を重 ねました。実際に韓国人学生と触れ合う機会もあり、合同ゼミなどの場では顔と顔を向け合いお互いの意見を発表しました。

机上での学習では得ることのできない知識や経験を得られたと思います。アジア文化コースのカリキュラムでは、専門科目b群の必修単位として、他コースの科目からも選択できます。

そこで私はアジアについて勉強するのと同時に日本文化に関する授業も多くとりました。社会に出るようになった今、大学時代に幅広い観点から物事を洞察する癖を身につけようと意識して勉強したことが、一番活かされていると実感しています。

ページの先頭へ戻る

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究
  • 入試情報 国際関係学部と大学院の入試情報はこちら
  • 資料請求 入学資料・大学案内の資料請求はこちら

ページの先頭へ戻る