世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

2019年09月27日

グローバル・スタディーズ研究センター研究員が交流協定校のカリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所でパネルディスカッションに参加

本学大学院国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センターはこれまで本学の交流協定校であるカリフォルニア大学バークレー校日本学研究センターとジョイントセミナーの開催などで交流を深めてまいりました。来る10月16日(水)にバークレー校東アジア研究所との共同で開催するセミナーで本学グローバル・スタディーズ研究センター研究員がパネリストとして参加いたします。

 

バークレー校の東アジア研究所は、日本学研究センター、東南アジア研究センター、中国学研究センター、韓国学研究センター、仏教学研究センターなどの研究センターを束ねる機関で、今回のインド、ベトナム、日本のような横断的なテーマにも対応することができます。

 

パネルディスカッションテーマ Renarrating the Past: Conflict and Negotiation of Narratives along the Borders of India, Vietnam, and Japan

開催日時 2019年10月16日(水)午後4時~6時(現地時間) 場所 カリフォルニア大学バークレー校Doe Library

 

イントロダクション 

Keiko Yamanaka カリフォルニア大学バークレー校エスニック研究学部

Dana Buntrock カリフォルニア大学バークレー校建築学部、日本学研究センター長

 

発表者

Kana Tomizawa(冨澤かな)静岡県立大学グローバル・スタディーズ研究センター研究員

テーマ How to Narrate Opressed Grief: from Yasukuni to Calcutta

Hisashi Shimojo(下條尚志)静岡県立大学グローバル・スタディーズ研究センター研究員

テーマ Belonging and Religion in a Multi-Ethnic Society: Cross-Border Migration by Khmer Theravada Buddhist Monks in Vietnam’s Mekong Delta

 

討論者

Mark Blum カリフォルニア大学バークレー校東アジア言語文化研究

Penny Edwards カリフォルニア大学バークレー校南アジア・東南アジア研究

 

カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所によるイベント紹介(URL)

https://events.berkeley.edu/index.php/calendar/sn/ieas.html?event_ID=127672&date=2019-10-16&filter=Secondary%20Event%20Type&filtersel=

 

お問い合わせ

グローバル・スタディーズ研究センター

国際交流委員会専門委員(バークレー校担当)

澤田 sawada@u-shizuoka-ken.ac.jp

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る