世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

2019年10月01日

通訳ワークショップのお知らせ

国際関係学部学生・研究科生のみなさま

 来日・定住する外国人の増加などを背景として、通訳翻訳の必要性は高まっています。ある言語を話せることと、その言語で通訳翻訳ができることとの間には、大きな差があります。通訳翻訳ができるようになるには、そのための技術が必要です。
 本ワークショップでは、翻訳通訳学を御専門とする河原清志先生(関西大学外国語学部教授)をお招きし、日・英通訳に関する講義と実践を通じて、通訳という仕事の概要と、通訳のために必要な技術やその習得のための訓練法を学びます。
 日本語・英語以外の言語を勉強されている方、日本語・英語以外の通訳を目指す方にも役立つ内容です。通訳について学ぶ貴重な機会ですので、お気軽に御参
加下さい。
日時            2019年11月2日(土) 11時00分~15時00分
場所            3214演習室(国際関係学部棟2階)
対象言語        日・英(英語のレベルは問いません。)
参加対象        国際関係学部 学部生・大学院生
参加人数        15名(先着順・初参加者優先)
申込期間        2019年10月1日(火)~2019年10月28日(月)17時

参加を御希望の方は、森までメール(naokamori@u-shizuoka-ken.ac.jp)でお申し込み下さい。
その際、件名を「通訳WS参加希望」としてください。
メールには①学籍番号、②所属学科(2年生以上は所属コース)、③初回の参加かどうかを明記してください。
期限前に規定の人数に達した場合は締切ります。予め御了承ください。

*プログラム
1コマ目:「ひとりでできる英語学習法・通訳訓練法」
 通訳訓練をすると英語力が飛躍的に向上することは多くの人が経験しています。シャドーイング、サイトトランスレーション、リプロダクション、ノートテーキングと口頭要約などを体験して、自分ひとりでもできる効果的な英語学習法があることを実感してください。
2コマ目:「実際に通訳をやってみよう」
 皆さんに実際に逐次通訳と同時通訳に挑戦していただきます。難しくありません。1コマ目の授業内容を踏まえて、誰でも練習さえすれば通訳ができることを実感していただきます。

*河原清志先生からのメッセージ  
 もともと上智大学法学部で国際法を勉強していました。20代はアルバイト生活をしていましたが、塾で英語を教えているちに、英語ができる人って、どんな人だろう?という疑問から、通訳や翻訳について勉強するようになりました。
 2006年度NHK教育テレビ「新感覚☆キーワードで英会話」講師もやりました。海外には20数か国行き、紛争地帯での通訳や翻訳のあり方も考えるようになりました。
 皆さんと一緒に、英語ができるようになるため、国際問題を解決するために通訳の練習をご一緒できるのを楽しみにしています。


お問い合わせ:国際関係学部 水野・高畑・森・坂巻

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る