世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

2019年11月05日

『羽衣』ビデオ・コンテスト開催のお知らせ

広域ヨーロッパ研究センター後援

『羽衣』ビデオ・コンテストについて

『羽衣』ビデオ・コンテスト実行委員会

  (鈴木、ファイファー、浅間、森、青山)

 

三保松原に伝わる羽衣伝説を素材としたテキストを用いてビデオ・コンテストを開催します。静岡の文化遺産を外国語でアピールすることを学ぶよい機会です。皆さんの参加をお待ちしています。

 

  1. 参加資格:静岡県立大学の学生であること
  2. 部門:①ドイツ語の部 ②フランス語の部 ③スペイン語の部 ④日本語の部(④は留学生のみ)
  3. 応募期間:11月1日(金)~12月2日(月)17:00まで
  4. 結果発表および表彰式:12月16日(月)13時00分~14:30分 一般教育棟2106
  5. 概要:『羽衣』の台本の任意の場面を暗誦した様子をビデオ撮影する。ビデオの長さは2分30秒〜3分30秒とする。一人で暗誦する、役柄を分けて複数名で暗唱する、演劇形式で暗唱する、そのほかにも自由に工夫してよい。画面に映らない場所に掲示した台本を朗読したり演じてもよいが、減点の対象となる。審査が公平になるように、これまでの外国語学習歴を考慮に入れる。優秀者/グループには奨励賞を授与する。
  6. 参加人数:1グループにつき1~4名。留学生による④日本語の部では、動画撮影に日本人学生の参加を認める。
  7. 提出:Windowsパソコンで再生できる動画をUSBメモリやSDカードに保存し、実行委員会の教員に提出すること。スマートフォンで録画した動画をメールで提出するなど、他の提出形式も認める(事前に相談すること)。ビデオ撮影のためのコンパクトデジタルカメラを貸し出すことができる。希望者は実行委員会に申し込むこと。
  8. 暗唱の手本となる音声データを聞いて練習してもよい。希望者は実行委員会に申し込むこと。
  9. 問い合わせ先:『羽衣』ビデオ・コンテスト実行委員会(代表:鈴木さやか) hagoromovideo@gmail.com

 

*本コンテストは2019年度静岡県立大学教員特別研究推進費、広域ヨーロッパ研究センターの助成を受けたものです。

チラシ・申込用紙はこちら。→2019羽衣ビデオ・コンテストちらし

 

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る