世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

大学院紹介

国際関係と文化の多角的な研究。確かな基礎力の構築と独自性の展開

グローバル化の進む現代では、人間の生き方や社会のあり方が急速に画一化する側面がある一方で、地域や集団の固有性や特殊性による多様化の動きも同時進行し、総じて人間の生の営みの背景は、ますます複雑さの度合いを高めています。そのため、今日の人間や社会の現実を的確に把握するためには、多角的な視点や方法論が本質的に重要になっています。本研究科では、国際関係学専攻と比較文化専攻という二つの部門を設け、文化学、言語学、歴史学、人類学、社会学、政治学、経済学、法律学など、多岐にわたる学問領域を教育基盤として提供し、さまざまな調査研究や実務の行われる国際的脈絡でそのような多彩で高度な専門的スキルを臨機応変に活用でき、十分な現場力とそこから生み出される創造力を発揮できる人材の育成をめざしています。

どのような研究に携わるにせよ、自らの問題意識を意義ある研究課題へと発展させ、そのための確実な方法論を身につけ、五感を駆使して自ら資料を収集・分析し、独自の考察を展開させていける姿勢が肝要です。言い換えれば、堅固な基礎力と柔軟な応用力が求められます。また、どの学問領域でも、背後に他の学問領域との有意義な連携の可能性が隠れていることも多く、複数の領域間の連関性に積極的に注目する姿勢も有効でしょう。

本研究科では、以上のような目的を実現するために、多彩な専門教授陣を配備し、さらに、研究拠点として三つのセンター(現代韓国朝鮮研究センター、広域ヨーロッパ研究センター、グローバル・スタディーズ研究センター)を付設して、院生がさまざまな研究テーマやニーズを深化させ、発展的に追究できる体制を整えています。本研究科が、確かな基礎力に裏打ちされた創造的で独自性ある人材が育つ場となることを願っています。

大学院国際関係学研究科長 富沢寿勇
  • 研究科の紹介
  • 大学院の特色
  • 研究科の3つのポリシー
  • 研究分野紹介

ページの先頭へ戻る