9月3日に研究イベント「AR巨人将棋」を開催します。

視覚障害者移動支援×将棋イベント「AR巨人将棋」を開催

9月3日、静岡グランシップにて、巨大な将棋盤の上をプレイヤーが歩き回って「詰将棋」を解くゲームイベントを実施します。
視覚障害者の移動を支援する位置情報技術や、AR(拡張現実)技術を組み合わせることで、
視覚に障害のある人もない人もそれぞれに楽しめ、最新技術を体感できるイベントです。
このイベントは、JST RISTEX研究プロジェクト「多世代共創による視覚障害者移動支援システムの開発」の一環として実施するものです。

◆日 時 2016年9月3日(土)
◆会 場 静岡グランシップ 展示ギャラリー1
◆参加者 視覚障害者オンライン将棋同好会のメンバーのうち、協力を申出てくれた方11名
◆概 要 プレイヤーが巨大将棋盤のマスを踏むと、「2三 玉方 金」のように、マス目と駒の情報が自動音声で聞こえてきます。
盤上のすべての駒を取得し終わったら、プレイヤーは詰将棋を解いて、解答します。
プロジェクタで壁に投影する映像の中では、CGの仮想将棋盤の上をプレイヤーがちょこちょこ歩いているように見えます。
正解すると、映像の中に巨人の手がぬっと出てきて、CGの将棋を指します。

以下は予行演習時の写真です。

予行演習の様子

予行演習の様子の写真です。

予行演習の様子

床に敷かれたグリーンの人工芝が将棋盤を表します。
プレイヤーが将棋盤のマスを踏むと、システムが現在位置を読み上げます。
プロジェクタから壁に投影された画面では、カメラが捉えている会場の風景とCGの将棋盤や駒が重なり合って表示されています。

 

 

 

 

 

 

イメージ

駒発見時の画面写真1です。

駒発見エフェクト1

駒発見の画面写真2です。

駒発見エフェクト2


プレイヤーが将棋盤のマスを踏んで駒を発見すると、システムが「1四 攻め方 香車」のように読み上げ、位置情報とそこにある駒の情報がわかります。
画面上では、キラキラと光りながらCGの駒が出現します。

正解モーション

正解モーション


詰将棋に正解すると、画面に巨人の手が出てきて駒を動かします。

平成28年7月~9月の活動

  • 7月22日(金)  文科省 障害のある学生の修学支援に関する検討会 第4回に出席しました。
  • 7月29日(金)  第29回障害者政策委員会に出席しました。
  • 8月11日(木)  DO-IT Japan 2016 一般公開シンポジウムにて基調講演を行いました。
     場所:東京大学安田講堂
     テーマ:「自分たちの未来は自分たちで切り開く」
  • 8月17日(水)  文科省 障害のある学生の修学支援に関する検討会 第5回に出席します。
  • 9月3日(土)  視覚障害者移動支援研究の実証実験として、移動支援技術×将棋イベント「AR巨人将棋」を開催します。視覚障害者であり将棋愛好家である方々の協力を得て、位置情報技術を用いて巨大な仮想将棋盤で詰将棋をやります。
  • 9月28日(水)  文科省 障害のある学生の修学支援に関する検討会 第6回に出席します。

総務省よりウェブアクセシビリティのガイドライン等が公開されています

1.みんなの公共サイト運用ガイドライン2016年版
総務省のウェブサイトでみんなの公共サイト運用ガイドライン2016年版が公開されています。みんなの公共サイト運用ガイドラインは、公的機関がウェブアクセシビリティの確保・維持・向上に取り組む際の取組の支援を目的として作成された手順書で、2016年のJIS X 8341-3の改正に合わせて改訂されました。
今回の改訂にあたっては、改訂研究会の構成員として意見を述べました。

(リンク)総務省:みんなの公共サイト運用ガイドライン2016年版
総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > 情報バリアフリー環境の整備 > 情報アクセシビリティの確保 > みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)

2.障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ
総務省のウェブサイトで障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオが公開されました。視覚障害者のウェブページ利用方法紹介ビデオ(全盲および弱視)の作成にあたり、監修を務めました。

(リンク)総務省:障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ
総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > 情報バリアフリー環境の整備 > 情報アクセシビリティの確保 > 障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ

国連の障害者権利委員会の委員に選出されました

6月14日に開催された障害者権利条約締約国会議にて障害者権利委員会委員選挙が実施され、日本から立候補した石川が当選しました。
現在の委員18名のうち9名の任期が満了することに伴う後任選挙で、各締約国から18名が立候補していました。

障害者権利条約は、164の国・地域が加盟しています(2016年6月現在)。同委員会は、各締約国の条約実施をモニタリング(監視)する専門機関であり、各国から提出された報告書に基づいて条約実施状況を審査し、改善勧告を出す役割を果たします。
任期は2017年1月から4年間で、年2回ジュネーブで開催される締約国会議に出席します。

【関連リンク】
静岡県立大学ニュース&トピックス

外務省プレスリリース:障害者権利委員会委員選挙投票結果

えどがわ区民ニュースに出演しました

江戸川区広報番組に出演しました。
障害についての考え方、配慮の平等、障害者差別解消法の役割などについて話しました。
江戸川区のロビー等での放映の他、江戸川区ウェブサイトで公開されています。

えどがわ区民ニュース
特集 だれもが輝くまちを ~“壁”をなくすのは みんなのやさしさ~

(リンク)えどがわ区民ニュース 特集「だれもが輝くまちを~“壁”をなくすのは みんなのやさしさ~」
リンク先URL http://www.news.city.edogawa.tokyo.jp/movie/movie2300.html
江戸川区>えどがわ区民ニュース>特集
平成28年5月1日公開

石川は1:50くらいから登場しています。

平成28年4月~6月の活動

  • 4月19日(火)  文科省 障害のある学生の修学支援に関する検討会 第1回に出席しました。
  • 5月15日(日)~22日(日)  ニューヨーク 国連代表部へ出張しました。
  • 5月23日(月)  日本学生相談学会第34回大会にて講演を行いました。
    会場:アキバホール(東京都)
    タイトル:障害学生支援と障害者政策
  • 6月7日(火)~11日(土)  ニューヨーク 国連代表部へ出張しました。
  • 6月16日(木)  文科省 障害のある学生の修学支援に関する検討会 第3回に出席しました。
  • 6月25日(土)~26日(日)  AHEAD-Japan(全国高等教育障害学生支援協議会) 第2回大会に出席しました。(リンク)AHEAD-Japan 第2回大会

世界ダウン症の日イベント@NY国連本部にてスピーチを行いました

3月21日、アメリカNew Yorkにて、世界ダウン症の日のイベントに出席しました。セルフアドボカシーについてスピーチを行いました。
World Down Syndrome Day Conference at United Nations Headquarters
Panel 3
Inclusion in early childhood as a pathway to inclusion in society as adults – living, working and participating in community. Examples, case studies, testimonials.

 

(全体動画へのリンク)UN WEB TV (Part 2) 5th World Down Syndrome Day Conference (2016) (石川スピーチは1時間4分50秒くらいから)

【当日のスピーチ全文】

Social and Political Participation of Persons with Intellectual Disabilities–Self-Advocacy for Inclusion

 Thank you Madam moderator. It’s a great honor for me to speak at this very important conference celebrating World Down Syndrome Day.

 First I would like to show you a picture of Shoko KANAZAWA, and her work of art. She is a famous calligrapher with Down Syndrome from Japan, who was on this conference last year, as ambassador YOSHIKAWA mentioned this morning. Self-advocacy takes many forms. In the case of Shoko, perhaps calligraphy is a form of her self-advocacy.

 Now let me share with you a personal story of a young boy and self-advocacy or rather lack of it. In fact, this is a short story of how I became blind. With a first year of primary school, long years ago, I had already lost eyesight in my left eye but could still see with my right eye. I was low vision. This is why I would always sit in the front row right in the middle of the inclusive classroom.
 In my second year of junior high, I got diagnosed with an eye disease called retinal detachment and spent about half a year in the hospital to be discharged. Doctors after all gave up operation.
 When I was discharged they told me NOT to take part in physical exercise classes, because my eye disease was not cured and one strong impact could make me blind.
 When you cannot do PE., you are expected to sit through it. If you are not there you don’t get the credit for the class. So every time, every class I had to be there.

 And that is when it happened. Me and another boy who didn’t feel good on that day were sitting through a PE. class. Suddenly our PE. teacher came to us and said: The two of you, see the girls doing folk dance over there. Go and practice with them.
 The boys were playing football on the left side of the field. And the girls were dancing folk dances on the right side.
 At first we could not believe our ears. Thinking he was joking, we stayed motionless. Then we knew he was seriously expecting us to go folk dancing. He was a young teacher, a star hammer thrower, a man with an amazing physique.
 For a junior high school boy wanting to prove to everyone and to himself that he was a man, to be sent to join a group of girls is nothing but humiliation. So I didn’t obey him. The teacher scolded us. Tears started rolling down my cheeks, because I had no words.

 I went on to high school. I still had to sit on the bench each and every PE. class. PE. teachers are strange breed. They don’t like bench-sitters. One time a teacher came up with the idea that if it was just warming up, I should be perfectly OK. I couldn’t say no.
 I wasn’t participating not because I didn’t want to but because I was told by the doctors to avoid physical training. I declined to dance to insist I was a boy. And to prove my value I agreed to do warming up. Once I started, I couldn’t resist the temptations, so I ran, jumped, and even did Judo. In three months my right eye was gone.

 I was risking my eyesight to prove my value. It was a dangerous game with high stakes. I had to spend two following years in the hospital. Who played such a stupid game? It was me, and nobody stopped it.
 When people have no ideas to help them, people cannot be courageous. That is why I believe self-advocacy is essential.
 I would have been able to protect myself from the power, if I had been exposed to the idea of self-advocacy. And this applies to girls and boys with disabilities in general, perhaps more so to those with intellectual or learning disabilities because of communication challenges they may face.
 All children, including those with disabilities, need to learn about their human rights. As it might be more difficult for children with intellectual disabilities, including those with Down syndrome, to express their views in some situations, it is all the more important for these individuals to receive the necessary support and reasonable accommodation and above all exposure to self-advocacy.

 Another and last example of inclusion and self-advocacy in decision-making comes from the independent monitoring mechanism of the CRPD in Japan, which just completed giving inputs to the initial report. I chair this Commission on Policy for Persons with Disabilities, which includes up to 30 representatives of disability communities, local governments, industrial circles, labor union, scholars and royals.
 It has been my learning experience to work with self-advocate members. As reasonable accommodation, our Commission has provided pre-meeting briefings and easy-to-understand materials. It is really encouraging to note that international organizations, including World Bank and WHO, have started to provide easy-to-understand versions when they release disability related documents.
 In our Commission, self-advocates have accessibility cards, developed by Inclusion Europe. We call it yellow card, saying please speak slowly and easy-to-understand manner.
 Diversity gives more power to our Commission. Currently our membership lack self-advocates and I do hope that in the next term starting soon, they will come back to our commission. Their contribution is essential. In this connection, at the international level, I truly look forward to working with Robert Martin, a self-advocate from New Zealand, who is also running for the CRPD Committee.

 In closing let me come back to the beginning of my presentation, when I showed you Shoko’s calligraphy.
 In fact, you might have wondered how I appreciate her art. With the tactile printing technology, I could touch and feel her art. I will circulate tactile printings of Shoko’s calligraphy to the folk. Please touch them.
 I can appreciate or at least can enjoy visual art a form of self-expression and self-advocacy. I hope to continue to work with and learn from self-advocates and their family members.

Thank you very much.

21st March, 2016
Jun ISHIKAWA

ブレイルセンスアプリ「将棋倶楽部24アクセス」公開

平成28年1月~3月の活動実績

  • 1月11日(月)  掛川城にて行われた 第65期王将戦七番勝負第1局 を観戦しました。王将戦中継ブログでも紹介していただきました!
    (リンク)王将戦中継ブログ:勝又六段と石川教授が来訪
  • 1月21日(木)  みんなの公共サイト運用モデル改定研究会 第三回に参加しました。
  • 1月25日(月)  電流協「電子書籍のアクセシビリティを推進するためのコンテンツ及び電子書籍リーダーの制作手順等に関する調査研究」第2回検討委員会に出席しました。
  • 2月21日(日)  東京大学本郷キャンパスにて開催される、公開講座「東アジアにおける障害者権利条約実施と市民社会」にて講演を行いました。藤井克徳さん(JDF幹事会議長)と共に、「日本における障害者権利条約の実施と市民社会」をテーマに報告を行いました。
    (リンク)REASE公開講座:東アジアにおける障害者権利条約実施と市民社会
    2016年2月21日REASE公開講座登壇者集合写真

    登壇者集合写真

  • 2月24日(水)~26日(金)  UNESCOバンコク(タイ)で開催される、支援教育に関するアジアサミットに出席しました(Asia Education Summit on Flexible Learning Strategies for OUT-OF-SCHOOL CHILDREN)。25日(木)に、Innovations of Assistive Technologies in Special Educationをテーマに講演を行いました。
    (リンク)Asia Education Summit on Flexible Learning Strategies for OUT-OF-SCHOOL CHILDREN
  • 3月5日(土)  京都府聴覚障害者協会の総括研修会にて、「障害者差別解消法について学ぶ~社会に何が変わるのか?」をテーマに講演を行いました。
  • 3月6日(日)  大阪市視覚障害者福祉協会のIT講演会にて、楽しい支援技術をテーマに講演を行いました。講演タイトルは「視覚障がい者のIT活用の現状と課題」です。
    (リンク)大阪市視覚障害者福祉協会:IT講演会『視覚障がい者のIT活用の現状と課題』のご案内
  • 3月9日(水)  日本音響学会の2016年春期研究発表会にて、招待講演「視覚障害者の移動支援技術における音声ナビゲーション」を行いました。
    日本音響学会2016年春期研究発表会
    第4会場 スペシャルセッション 音支援(音バリアフリー)
    2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて-音バリアフリーの観点から-
    午後-後半(15:00~16:15)
    1-4-11 (招待講演)視覚障害者の移動支援技術における音声ナビゲーション
    (リンク)日本音響学会2016年春季研究発表会案内
    (リンク)発表プログラム詳細
  • 3月20日(日)~25日(金)  アメリカ ニューヨークにて、障害者権利条約締約国の各国の国連代表部と面談しました。また、21日(月)、ニューヨーク 国連本部で開催された世界ダウン症の日イベントにて、スピーチを行いました。
    (リンク)World Downsyndrome Day Conference 2016

国際障害者デーのイベント@NY国連本部にてスピーチを行いました

 12月2日~5日、アメリカNew Yorkにて、国際障害者デーに合わせて開催されたDESAのイベントに出席しました。パネルディスカッション”Making cities inclusive and accessible for all”にてスピーチしました。
(開催案内へのリンク)International Day of Persons with Disabilities2015
(動画へのリンク)UN WEB TV (Part 1) International Day of Persons with Disabilities 2015 (2時間08分くらいから)

【当日のスピーチ全文】
 Thank you madam moderator for your kind introduction. For your information, I’m running for the CRPD committee next year.
 As Ambassador YOSHIKAWA mentioned, Tokyo hosted the Olympic Games for the first time in summer of 1964. For our country, the Olympic Games in 1964 symbolized the miraculous revival after the war, rapid economic growth, and people’s ambitions and hopes for the future. This event served as a showcase for Japan to demonstrate its social and technological momentum.
 But one notion that was absent from current view we share was inclusion of diversities. Most probably, to the organizers of the games in the 1964 Olympic Games, the Paralympic Games were an additional cost to host the Olympic Games. The 1964 Paralympic Games were quietly hosted, and did not appear in mass media. Its impact on society was almost none.
 In 2020, Tokyo will host its second Olympic and Paralympic Games. How times has changed. There are so many people in various sectors of society who feel this is an invaluable opportunity to make our cities and make our society inclusive, and open to diversities, Disabilities, language, culture, religion, gender, etc.
 
 Today, I want to talk about a topic, location-aware technology for freedom of movement. Freedom of movement requires one to be able to know where one is at any places as minimum condition.
 In order to achieve it, accurate positional information must be accessible. Highly inclusive digital maps and navigational information must be accessible.
 Human support system such as accompanying service for the blinds and persons with intellectual disabilities must be well working. It is needless to say that physical barriers must be removed.
 
 Nowadays, under the open sky conditions, anyone can access almost accurate positional information using the radio waves from GPS satellites. However, GPS satellites waves are not receivable inside of buildings, and almost useless between high-rise buildings causing canyon effect. To solve this problem, big cities like Tokyo must install such local devices as beacons.
 To provide accurate positional information, these devices must be placed closely enough to each other to ensure all important places must be covered.
 Now, the question is who will or who should install them. Will it be installed by business or should it be installed by public investment? Maybe both.
 
 Location-aware technology for freedom of movement also requires highly inclusive digital maps. It is even more challenging than providing accurate positional information in big cities.
 Usually, POI; point of interest information is stored in the digital map as point information. Blind persons probably want to know the entrance of the POI. However, the point information does not always point the entrance of each POI. Persons with wheelchairs may want to know where the accessible passage to them is, instead of the shortest route to a destination.
 It is rather easy to create an inclusive map and navigational system for a specific area as one time pilot project. But it is very very difficult to create, update and sustain a highly inclusive map covering a whole city.

 Collaboration and integration between civil society activities such as Open Street Map and other co-creative mapping projects, proprietary accessible maps provided by global companies such as Google Map, assistive technology products and the government and local government policies such as inclusive local infrastructure installation, open data, and the human accompanying service may achieve it. Participation of persons with disabilities to such a project is an indispensable condition.
 I talked about one topic among thousands. But it is already very challenging. It’s worth challenging and is very exciting. Thank you very much.

3 December 2015, Jun ISHIKAWA