世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

教員公募情報

教員公募情報2017年09月13日

教員公募のお知らせ

English version follows below.
 
平成 29 年 11 月 15 日
 
関 係 各 位
 
静岡県立大学学長 鬼頭 宏
 
教員の公募について(依頼)
 
このたび、本学国際関係学部では、下記の要領で専任教員を公募いたします。つきましては、貴職関係者への周知及び適任者の推薦についてよろしくお取り計らいくださるようお願いいたします。
 
 
1 職名・人員   准教授 1名
2 所属         国際関係学部国際言語文化学科
          大学院国際関係学研究科(比較文化専攻)兼務
3 専攻分野         グローバル・コミュニケーション論
4 担当予定科目
(1) 学部
新設予定科目「PBL English Ⅱ A・B」*、演習、卒業研究など
*「PBL English Ⅱ A・B」は、実践的な英語能力の育成を目的として、国際関係に関連するテーマを扱った問題解決型学習(Project Based Learning)の方法をとる英語教育科目。国際関係に係るものであれば、問題のテーマは任意。
(2) 大学院
新設予定科目「グローバル・コミュニケーション研究」、演習、修士論文指導など
5 応募資格
(1) 上記担当科目に関連する分野を専攻し、博士号を有する者(平成30 年3月までに取得見込みの者を含む)、又はこれと同等以上の研究歴・実績を有する者。
(2) 国籍を問わず、ネイティブ水準の高い英語能力と日常業務に支障のない程度の基礎的日本語能力を有すること。
(3) 学生が大学で学んだ知識を社会の様々な場面で英語を用いて適用できるような実践的な英語能力を育成するための教育方法やカリキュラムの開発に取り組む意欲を有する者。
(4) 全学的な英語教育組織である言語コミュニケーション研究センターとの連携・協力が可能である者。
(5) 採用後は静岡市またはその近郊に居住できること
6 採用予定日 平成30 年4月1日
7 応募締切日 平成29 年12 月25 日(月)午後5時必着
8 提出書類((3)を除いて各1部)
(1) 履歴書(写真貼付のこと。)
(2) 研究業績一覧表(末尾の「研究業績の記載について」を参照のこと。査読論文には○を付けること)。
(3) 主要な研究業績(著書・論文)3点(各5部。抜き刷り、コピー可。それぞれに400字程度の要旨を付けること。英文も可(200 words 程度))。
(4) 研究概要・研究計画書
これまでの研究概要、及びこれからの研究計画をそれぞれまとめたもの(A4版2 枚程度)。
(5)教育概要・教育計画書
教育についての考え方、これまでの教育業績、今後の教育に対する抱負と計画(とくに「PBL English Ⅱ A・B」についての計画)をそれぞれまとめたもの(A4 版2 枚程度)。
(6) 卒業・修了証明書(大学卒業以降のもの)
(7) 最終学位の学位取得証明書
(8) 「PBL English Ⅱ A」の授業(半期、15 回分)シラバス
(9) 推薦状があれば添付すること(必須ではない)
(10) 授業評価アンケート結果等、教育上の業績を証明する資料があれば添付すること(必須ではない)
9 選考方法
(1) 第1次選考 書類審査
(2) 第2次選考 面接(面接に際し、模擬授業の実施を求める場合があります。なお、旅費は応募者の負担となります)。
10 提 出 先
〒422-8526 静岡市駿河区谷田52番1号
静岡県立大学事務局 広報・企画室 副参事 中村 秀実
電話 054-264-5106
E メール tyous4@u-shizuoka-ken.ac.jp
封筒に「教員応募関係書類在中(PBL English)」と朱書し、書留郵便等確実な方法でお送りください。(E メールでの提出はできません)。
 
* 応募上の注意点
(1) 履歴書及び研究業績一覧表の様式は、以下からダウンロードしてください。
(2) 応募書類は、原則として返却いたしません。原著等で返却を希望される場合は、応募者の費用負担により返却しますので、返却を希望する旨を明記の上、郵便切手を貼った返信用封筒又は着払い扱いの宅配便の宛名ラベルを同封してください。
(3) 提出いただいた書類は、厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって廃棄します。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。
 
《研究業績の記載について》
研究業績一覧表の作成に当たっては、以下の点に留意してください。
1 公刊されていないものは業績に含めないこと。例えば、私家版、同好会雑誌、内部資料及びこれらに類するものは一切業績に含めないこと。日本語の場合は、国会図書館に所蔵されている著書、雑誌以外のものは業績に含めないこと。
2 委託調査報告書などで、チームで報告書を作成し、執筆分担が特定できないものは、業績に含めないこと。ただし、委託調査報告書などでも、一般の図書館で閲覧が可能であり、かつ、執筆者が特定できるものは業績に含めても構わない。
3 近日中に公刊されることが明確になっている著書(すべての原稿が出版社に渡り、出版社が刊行を約束したもの)又は論文(編集者が最終原稿として受け付けたもの)などは業績に含めることができる。また、国際会議等に提出した英文等の論文も業績に含めて構わない。
4 論文の場合は、自分の執筆したページを明記すること。
5 共著書、共同執筆論文については、すべての共著者名、共同執筆者名を省略せずに明記すること。
6 「共著」とは、書物の表紙・背表紙に自分の名前が載っているものを指す。それ以外の分担執筆については、すべて「論文」に分類する。
 

******************************************************************************************************************

November 15, 2017
 
To Whom It May Concern
 
University of Shizuoka President Hiroshi Kito
 
Invitation for Applications for a Teaching Position
 
The School of International Relations at the University of Shizuoka invites qualified applicants for the position of full-time tenured Associate Professor starting April 1, 2018. Please distribute this invitation to qualified individuals.
 
Job Description
 
1 1 Full-time Associate Professor
2 Department: Department of Languages and Cultures, School of International Relations and Graduate School of International Relations
3 Field: Global Communication Studies
4 Courses Responsible for:
(1) In the undergraduate school:
“PBL English Ⅱ A・ B”* (currently under development), Graduation Thesis Seminar Courses, etc.
*“PBL English Ⅱ A・ B” is an English course that uses Project Based Learning methods to develop students’ knowledge of a wide variety of international relations topics and to foster students’ practical English abilities.
(2) In the graduate school:
“Global Communication Research” (currently under development), Master’s Thesis Seminar Courses, etc.
5 Qualifications
(1) A doctoral degree (in hand as of April 1, 2018) in the above mentioned field, or research achievements equivalent to a doctoral degree,
(2) English language proficiency equivalent to a native speaker of the language (nationality is not a consideration) and Japanese proficiency necessary for conducting daily duties at the University,
(3) Knowledge, ability and motivation to develop educational methods and classes to foster practical English proficiency that allows students to apply their knowledge learned at the university to various contexts in society,
(4) The ability to cooperate with the Language and Communication Research Center (a university-wide English education organization),
(5) The successful applicant is required to reside in or around Shizuoka City.
6 Starting date: April 1, 2018
7 Deadline for receipt of application materials: December 25, 2017 (Mon), 17:00 (JST)
8 Materials to be submitted (1 of each, except for (3))
(1) A current CV (attach a recent photo),
(2) List of research achievements (See information below regarding the format for describing research achievements. Mark peer-reviewed articles with an asterisk.),
(3) Copies of 3 representative publications (5 copies each, offprints are acceptable, each with an abstract of approximately 200 English words.),
(4) A statement of research achievements and future prospects for research (about 2 A4 pages),
(5) A plan for educational activities at the University, including your educational philosophy, your teaching achievements and your aspirations and plans for teaching at the University (especially regarding PBL English II A+B) (about 2 A4 pages),
(6) copies of all post-secondary graduate degrees (i.e., B.A., M.A., Ph.D),
(7) copies of all post-secondary academic transcripts,
(8) a proposed syllabus for one semester (15 90-minute classes) of “PBL English Ⅱ A,”
(9) a letter of recommendation (optional),
(10) materials demonstrating educational performance, such as course evaluations from students (optional)
9 Review Procedure
(1) Review of received documents
(2) Interview at the University. Applicants may be asked to teach a short demonstration lesson. Travel expenses will be borne by the applicant.
10 Application Address:
Mr. Hidemi Nakamura
52-1 Yada, Suruga-ku, Shizuoka-shi
Shizuoka-ken, Japan 422-8526
Telephone: +81-54-264-5106
E-mail: tyous4@u-shizuoka-ken.ac.jp
On the envelope, please write “PBL English Teacher Application Materials” in red pen and send it by registered mail. Electronic submissions will not be accepted.
 
* Further Application Information
1. Download appropriate application forms for the CV and for listing research results from the below.
2. Submitted materials will not be returned. If the applicant would like to have them returned, this should be indicated in the application, and a stamped self-addressed envelope should be included in the submission.
3. The University will take responsibility for appropriately shredding all remaining application materials. Any personal information included in the submitted documents will not be used for any purpose other than applicant screening, as specified in the Personal Information Protection Act.
 
Please note the following rules pertaining to CVs:
(1) Do not list any work unless it has been published. For example, do not include private writing, club newsletters, internal reports or similar materials. In the case of Japanese publications, do not include any works other than books or journals in the Library of Congress.
(2) Do not list any joint work unless which author has done which section can be identified.
(3) You may list books or articles that have been accepted for publication by a publisher or in a journal.
(4) In the case of an academic paper, the relevant page numbers are required.
(5) List the names of all co-authors if it is a joint work. Do not omit authors.
(6) Co-authored works refer to works that have the authors’ names on the top of an article or cover of a book.

更新日: 2017年11月15日

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る