サイトワールド2015にて、セミナー 「楽しい支援技術 将棋と視覚障害」を開催しました

2015年11月3日、視覚障害者向け総合イベント・サイトワールド2015にて、「楽しい支援技術 将棋と視覚障害」をテーマにセミナーを開催しました。

昨年に続き、プロ棋士の勝又清和六段にご登場いただきました。現在開発中の、ブレイルセンス用将棋クラブ24対局ソフトを紹介しました。会場では、このソフトの実演を兼ねて勝又先生による指導対局を行いました。セミナーの参加者は、およそ45名でした。

以下、当日の様子を写真で紹介します。

指導対局の様子その1

画像:指導対局1

勝又先生はパソコンで、石川はブレイルセンスで将棋クラブ24にアクセスしています。ゲストの石川さんが、ホワイトボードで解説用大盤で駒を動かしてくれました。

 

指導対局の様子その2

画像:指導対局2

手元の将棋盤を操作する勝又先生

 

指導対局の様子その3

画像:指導対局3

解説する勝又先生と、手元の盤を確認する石川

 

セミナーの様子1

画像:フェルト製将棋盤

参加者の方が持参してくれた、フェルト製将棋盤を回覧しました。触っても駒が動かないよう、いろいろな工夫をされているようです。

 

セミナーの様子2

画像:ゲストによるコメント

ゲストの玉津島さんが、日頃のスカイプ将棋同好会での苦労や工夫を語ってくれました。

今回のセミナーでは、勝又先生による、わかりやすくかつ実践的なお話を聞くことができ、とても参考になりました。

平成27年10月~12月の活動実績

  • 10月02日(金)  みんなの公共サイト運用モデル改定研究会 第一回に参加しました。
  • 10月24日(土)  長野県松本市にて開催された、要約筆記問題研究会にて、「障害学とは」をテーマに講演を行いました。
  • 10月26日(月)  第27回障害者政策委員会に出席しました。
  • 11月01日(日)  サイトワールド2015にて、JST RISTEXプロジェクトのワークショップ「多世代共創による視覚障害者移動支援システムの開発」に参加しました。
  • 11月03日(火)  サイトワールド2015にて、「楽しい支援技術 将棋と視覚障害」をテーマにセミナーを開催しました。
  • 11月07日(土)  関西学院大学にて開催された、障害学会第12回大会にて「障害学生支援と合理的配慮提供の実際」をテーマとするシンポジウムで講演しました。

    フロアからの質疑応答の様子

    フロアからの質疑応答の様子

  • 11月14日~15日  第39回全国盲人将棋大会に出場しました。
  • 11月27日(金)  みんなの公共サイト運用モデル改定研究会 第二回に参加しました。
  • 11月28日(土)  第4回DPI障害者政策討論集会にて、「障害者権利条約の第一回政府報告のモニタリング」について講演しました。
    (リンク)第4回DPI障害者政策討論集会
  • 12月18日(金)  第28回障害者政策委員会に出席しました。
  • 12月18日(金)  電流協「電子書籍のアクセシビリティを推進するためのコンテンツ及び電子書籍リーダーの制作手順等に関する調査研究」研究会に出席しました。