世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

お知らせ 2018年01月09日

「2017法廷通訳の仕事に関するアンケート調査報告書」を発行しまし た

 本学国際関係学部教員を中心とする静岡県立大学法廷通訳研究会が、2017年に法廷通訳人に対して実施したアンケート調査をまとめた、「2017法廷通訳の仕事に関するアンケート調査報告書」を発行しました。
 本研究会は、本学国際関係学部の水野かほる、高畑幸、坂巻静佳、森直香、及び、名古屋外国語大学教授津田守を構成員としております。本調査は高畑を中心として進められました。
 本調査の目的は、主として、法廷通訳人の負担を明らかにすることにあります。
 外国人の関わる裁判に通訳人は不可欠ですが、その負担は必ずしも明らかにされてきたとは言えませんでした。そこで、本研究会は2012年末から2013年1月にかけて、法廷通訳人の負担についてアンケート調査を実施し、その結果を報告書としてまとめました
 それから5年経過して法廷通訳人の負担に変化はあったのか、同研究会は2017年に法廷通訳人に対して改めて調査を実施し、その結果を報告書としてまとめました
 同報告書では、2017年段階でも2012年調査時と同様に、法廷通訳人に大きな負担がかかっていることが明らかになっています。
 また、誤訳を防ぐためにいかなる準備・対応が必要かについても、法廷通訳人より具体的な提案が示されています。
 多くの皆様にご一読いただければ幸いに存じます。
 
*本報告書は平成29年度静岡県立大学国際関係学部教員特別研究推進費の助成を受けたものです。

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る