世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

ニュース&イベント

お知らせ 2019年02月06日

Congress of IR 2018-19「ローカル・シティズンシップを考える」開催(2月15日)

 世界各地で発生している移民や難民の受け容れをめぐって生じる衝突の多くは、労働力の必要に応じ調節されるだけの存在として、生身の人間であるはずの彼らの市民権を十分に考えていないことに起因します。移民や難民をたんなる労働力としてみる立場を越えて、ブレクジットおよびトランプ期以降の移民や難民の市民権を改めて考える必要があります。地球規模の視野に立ちつつも、私たちの身近な地域の問題でもあります。
 今回で3回目となるCongress of IRでは、テーマ「ローカル・シティズンシップを考える」のもと、第1部と第2部の2部構成で、グローバル化と係るローカルな文脈での市民権の問題を追究いたします。使用言語は多言語ポリシーに基づき、英語・中国語・日本語となっています。
 第1部では、「逆流するグローバリゼーションにゆれる市民権」の第4回ミニシンポジウムの形式で、カリフォルニア大学バークレー校のDr. Keiko Yamanakaとグローバル・スタディーズ研究センターの高畑幸先生から、ローカル・シティズンシップとはどのようなものなのかを講演の形でお示しいただきます。第2部の「ローカル・シティズンシップを考える」では、学生のプレゼンテーションを行います。発表者のプレゼンテーションは、中国語による発表については奈倉京子先生、英語による発表についてはDr. Yamanakaからコメントをいただきます。
 
■日時 2019年2月15日(金)13:00開場 
13:30-14:30 ミニシンポジウム「ローカル・シティズンシップを考える」
国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター10周年記念企画・静岡新聞社・静岡放送後援公開シンポジウム「逆流するグローバリゼーションにゆれる市民権」第4回
14:40-16:10 学生によるプレゼンテーション
■会場 経営情報学部棟4111 ※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください 
■対象 学生・教職員・一般(どなたも入場無料です)
■内容 
13:30-14:30 Mini Symposium-Local Citizenship Revisited
1. “Gendered Migration of Filipinos to Japan and its Consequences: Focus on the Marriage Migrants as Care Workers”
Prof. Sachi Takahata, University of Shizuoka (in English)
 
2. “Nepalese Labor Migration to East Asia: Local Citizenship and Global Household Strategy”
Dr. Keiko Yamanaka, University of California, Berkeley (in English)
 
14:30-14:40 休憩
 
14:40-16:10 Students Presentations on Local Citizenship
1.「中国西北地域的汉族与少数民族的共生」(中国西北地域における漢族と少数民族の共生/”Coexistence of the Hun and Ethnic Minorities in Northwest Region of China”)
発表者:村松咲彩(Saaya Muramatsu)・周一謙(Zhou Yiquan)・田中香花(Kyouka Tanaka)・賈莉佳(Rika Cha)(中国語によるプレゼンテーション)(日本語補助あり)
 
2. “Human Rights of Refugees in Japan: A Study of the Kurdish Community
 (Warabistan) in Warabi and Kawaguchi Cities in Saitama Prefecture, Japan” 
Presenter: Toshiya Ban (in English)
Commentator: Dr. Keiko Yamanaka, University of California, Berkeley (in English)
 
3. “Outcomes of Our Learning in the Class” 
Presenters: Students of the “Current Topics Class” (in English)
 
■お問い合わせ先 グローバル・スタディーズ研究センター 澤田 sawada[at]u-shizuoka-ken.ac.jp
 
■本行事のご案内(PDFファイル
 

学科紹介

学科紹介トップページへ

  • 国際関係学科 国際関係を政治経済学と行動学からアプローチ
  • 国際言語文化学科 言語と文化の両面から英、米、欧、アジア、日本の地域研究

ページの先頭へ戻る