世界の政治・経済・言語・文化・歴史を学ぼう!静岡県立大学 国際関係学部

静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科

大学院紹介

研究科の教育理念・目標と3つのポリシー

さらなる高みを目指す方へ

教育理念

国際関係学研究科は、グローバル化が進展する世界で必要とされる高度な専門知識を修得し、関連する諸課題を的確に把握、分析できる方法と実践力を備え、内外の社会で幅広く活躍し貢献できる人材を養成します。そのために俯瞰力と深い洞察力を兼備した能力を涵養することを基本的な教育理念としています。

教育目標

上記の理念に基づき、本研究科はグローバル化する世界を専門的に研究する上でも多角的、学際的なアプローチを推奨し、国境、文化、個別の学問領域等の壁を超えた研究課題に的確に取り組むことのできる人材育成を目指します。具体的には、俯瞰的な視座や比較の方法を駆使して専門の知識や経験を深化、発展させることのできる研究能力や高度な実践力を備えた人材の養成を目標としています。

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本研究科は、グローバル化の進展する内外の社会で必要とされる高度な専門知識と実践力を身につけた人材の養成を目指して教育課程(カリキュラム)を編成しています。修士学位(国際関係学専攻、比較文化専攻)授与に関する基本的な考え方は以下の通りです。

国際関係学専攻

国際関係学専攻では、国際政治経済分野と国際行動分野を設けており、分野ごとに専門の研究を深め、教育課程に基づき開設されている授業科目を履修し、修士論文の審査および試験に合格することが必須となっています。課程修了にあたっては、以下の能力を身につけていることが求められます。

  1. 現代の国際関係を、政治学、法学、経済学、経営学、社会学、文化人類学、コミュニケーション論等の視点から分析し、複眼的な視点で多様な国際関係や社会を的確に把握して研究する能力。
  2. 国際関係を国家間の関係として捉えるとともに、国家の壁を越えた民族、宗教、文化等の諸要因を踏まえて研究する能力。

比較文化専攻

比較文化専攻では、日本文化研究分野、アジア文化研究分野、英米文化研究分野、ヨーロッパ文化研究分野の四分野を設けており、分野ごとに専門の研究を深め、教育課程に基づき開設されている授業科目を履修し、修士論文の審査および試験に合格することが必須となっています。課程修了にあたっては、以下の能力を身につけていることが求められます。

  1. 自己の文化と研究対象の文化に関する豊富な知識を持ち、多様な価値観の固有性と普遍性を理解する能力。
  2. 世界の多様な文化を、言語、思想、宗教、文学あるいは歴史などの幅広い視点から把握し、比較の視座から研究する能力。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に示される能力を有する人材を育成するために、国際関係学研究科は、以下の観点から教育課程を編成しています。

  1. 本研究科では、人文・社会科学の多彩な研究領域に関わる科目を体系的、順次的に学ぶカリキュラムを編成しています。
  2. 本研究科では、各研究分野で個別に専門の研究を深めることに加えて、所属研究分野外の科目も履修することによって、学際的な知識を修得し、国境や文化の壁を越えて課題を発見して解決する能力を育成するための横断的カリキュラムを設けています。
  3. 本研究科では、各研究分野での専門研究と連動した演習を履修し、各自の研究テーマの専門研究を深め、修士論文を作成する研究指導体制を備えています。
  4. 本研究科では、留学生を対象にした日本語修士論文執筆指導の体制を備えています。
  5. 本研究科では、教員専修免許状(国語、英語)等、各種の資格等に必要となる科目を設置しています。
  6. 本研究科では、研究拠点として、三つのセンター(現代韓国朝鮮研究センター、広域ヨーロッパ研究センター、グローバル・スタディーズ研究センター)を付設し、学生が様々な研究テーマを深化させ、発展的に追究できる体制を整えています。

3.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

本研究科は、高度な専門知識と方法を身につけ、グローバル化する内外の社会で活躍できる実践力を備えた人材の育成を目指しており、学部を卒業した意欲的な学生のみならず社会人や留学生も広く受け入れています。本研究科が求める学生像は以下の通りです。

  1. 国際関係の理解に必要な知識、方法、技術を積極的に修得し、専門性を深めたい人。
  2. 多角的な比較の観点に立って世界の多様な文化の固有性と普遍性を解明しようとする熱意のある人。
  3. グローバル化する社会の様々な分野で活躍し、貢献する意欲を持つ人。
  • 研究科の紹介
  • 大学院の特色
  • 研究科の教育理念・目標と3つのポリシー
  • 研究分野紹介

ページの先頭へ戻る