在学生の声

在学生の声

photo

中山 太誠さん
(国際関係学科3年)

国際関係学部では学際的な学びが可能です。私の場合は比較政治学のゼミに所属し、日本とドイツの政治指導者の比較を研究テーマとしていますが、必要なのは政治学の知識だけではありません。英語・ドイツ語の文献を読みこなす語学力はもちろん、法学や近現代史等を学ぶことで身についた複眼的な思考力も重要です。本学部には多様な講義が用意されており、興味のある分野を深めることも、学んだことのない分野に足を踏み入れることもできます。一見関連がないように見える分野も実は様々な面で繋がっており、それを自由に研究できる環境があります。

photo

松田 彩花さん
(国際言語文化学科3年)

国際関係学部の魅力のひとつは、様々な分野·地域を扱った授業やゼミがあり、それぞれの学生の興味に応じて主体的な学びが可能な点です。私は1、2年生の間はロシア語と旧ソ連地域の歴史や文化に特に興味を持って取り組みました。3年生からはゼミ活動が始まりますが、私は生命倫理の問題に関心があるため、宗教学や死生学を扱うゼミを選びました。ゼミは少人数制で、教員と学生の距離が近く、丁寧で熱心な指導を受けることができます。また、大学のキャンパスは豊かな自然に囲まれており、授業の合間に散策を楽しむことがよい息抜きになります。